インターネットは、人々が情報を見つけて交換する方法にどのように影響しますか? -veolay.com
3月 14, 2023
アブストラクトとイントロダクションの違い
3月 14, 2023

テクノロジーが私たちの生活をどのように変えたか

私たちはテクノロジーを当然のことと考えており、それが私たちの生活に与える影響について考えるのをやめることはめったにありません。しかし、立ち止まって反芻すると、その意味は気が遠くなるようなものになる可能性があります。

考えてみてください。私たちがどこへ行っても、誰とやり取りしても、私たちのすべての行動はテクノロジーによって管理されています。スマートフォンでチャットしている場合でも、アプリ タクシーを呼んでいる場合でも、テクノロジーは想像以上に多くの方法で私たちの生活に侵入しています。

したがって、問題はもはやテクノロジーが私たちの生活をどのように変えたかではなく、テクノロジーが私たちをどこまで変えてしまったかということです。今日は、過去と現在の技術的展望を一周し、その影響を理解するよう努めます。

さあ行こう。

テクノロジーの昔と今

テクノロジーが私たちの生活をどのように変えたかを完全に理解するには、記憶の道をたどり、文明の夜明けにたどり着かなければなりません。当時、ナイフや槍先などのツールは、テクノロジーの最先端 (しゃれた意図) と見なされていました。

 

主に狩猟に使用されたこれらの道具は、入手可能な主要な原材料である骨と石でできていました。ゆっくりと、人類がより複雑になり始めると、金属が前面に出てきて、火が発見され、車輪が作られました.

何千年もの間、人間は交通手段や通信手段を開発し、地球上で優勢な種となった文明を築き上げてきました。そして、これはすべてテクノロジーのおかげで可能になりました。

しかし、18 世紀初頭以降、テクノロジーは急速に変化しました。革新者と科学者は、次々と現代の驚異 (電気、エンジン、電話など) を次々と生み出し始めました。科学はすべてに浸透し始め、テクノロジーはゆっくりと、しかし確実に大衆に利用できるようになりました。

その後、2 つの世界大戦が発生し、この期間中、世界的な荒廃にもかかわらず、テクノロジーは活況を呈しました。そして、世界が人類の歴史の中で最も重要な技術革新となるものを見たのは、これらの戦争の間でした.

そしてコンピュータが生まれた

コンピューター サイエンスの始まりの数学的基礎は 2 世紀前に確立されましたが、最初のコンピューターが構築されたのは第二次世界大戦の終わり頃でした。大西洋の両側の科学者 (ジョン フォン ノイマンとアラン M. チューリング) の努力に基づいて、人類は電子頭脳を与えられました。

アーサー・C・クラークが通信衛星を構想したのはこの頃であり、インターネットの基礎が築かれました。時間とトランジスタ技術の出現により、コンピュータは卓上で楽しむものになるまで、パワーが増大し、サイズが縮小し始めました.

コンピュータと並んで、インターネットも形になり始めていました。主に米国陸軍 (DARPA) の資金提供を受けて、ARPANET は 1969 年に運用を開始しました。主に UCLA とスタンフォード間の 2 ノード通信システムとして始まったものが、今日、地球上で最も普及しているネットワークに成長したと考えると驚くべきことです。

最後に、私たちが新しいミレニアムに足を踏み入れると、コンピューター技術がゆっくりと、しかし確実に私たちの生活を支配し始めました. そして今日、私たちはその電話に手を伸ばしたり、ソーシャル メディアをチェックしたりせずに 1 時間も生きることはできません。コンピューターが私たちの考え方をどのように変えるかを理解すると、考えるのは恐ろしいことになります。

コンピューターが私たちの考え方をどのように変えるか

スマートフォンのない日を想像してみてください…あなたはそれを乗り切ることができますか? 私たちは日常業務において、これらのデバイスに大きく依存するようになりました。コンピューターは人類の兵器庫のツールにすぎませんが、コンピューティング テクノロジは世界をその奴隷に陥れています。以下は、コンピューターが私たちの世界との関わり方を変えたいくつかの方法です。

大脳の拡張機能としてのウェブ

何かを知るには、図書館に足を踏み入れて実際の本のページをめくらなければならない時代がありました。今日、私たちはスマートアシスタントに尋ねるだけです。わざわざ電話番号を覚えたり、道を尋ねたり、道に迷ったりする心配もありません。

ワールド・ワイド・ウェブは人間の心の拡張となっています。今日私たちが下すすべての決定は、インターネットの証拠によって裏付けられなければなりません。Web は、私たちが処理できる以上の情報に毎日さらされていると推定されています。しかし、それは私たちがそれをすべて同じように処理することを止めません.

テクノロジーとコミュニケーション

テクノロジーの台頭が永遠に革命を起こした分野が 1 つあるとすれば、それはコミュニケーションです。メッセージを送信するための煙と鏡の使用から、携帯電話、コンピューター、電子メール、およびチャットの使用まで、私たちは長い道のりを歩んできました。

今日、世界は地球全体の海の下に伸びる何マイルにもわたるケーブルによって接続された地球規模の村です。画面上のアイコンをタップするだけで地球の反対側にいる人と話すことができ、ある場所から別の場所にデータを送信するのに郵便システムは必要ありません。

エンターテイメント

テレビの登場以来、テクノロジーはエンターテインメント業界で重要な役割を果たしてきました。今日、3D 映画から AR (拡張現実) ベースのゲームに至るまで、エンターテインメントはテクノロジーの影響を受けて新しい化身となっています。

すでに、e スポーツはゲームの分野でより重要な役割を果たしています。フィジカル スポーツが完全に仮想ゲームプレイに取って代わられる時が来るかもしれません。クラウド テクノロジーとインターネット接続の高速化により、ビデオ ストリーミングが簡単になり、パーソナライズされたオンデマンド エンターテイメントが台頭してきました。

教育

教育は、テクノロジーが変化した私たちの生活のもう1つの部分であり、おそらくより良いものになっています. 情報はもはや大規模な機関の領域ではなく、書籍は電子版に取って代わられています。

今日、学校や大学の教育は、オンライン コース、MOOC (Massive Open Online Courses)、認定資格によって強化されています。学生は、ソーシャル メディアやオンライン フォーラムを使用して仲間と問題について話し合い、オンライン ツールを使用して将来のイノベーションを推進できます。

交通機関

馬車が貴族の象徴だった時代がありました。その後、自動車や電車が登場し、今日では Uber を利用するだけです。実際、自動運転車の登場により、テクノロジーは前向きな方向に飛躍しました。

運転アルゴリズムの改善により、より安全な路上体験が実現し、エンジンの高速化により移動に必要な時間が短縮され、ハイパーループの出現により、これまでの交通手段の見方が変わる可能性があります。一言で言えば、テクノロジーは輸送の主要な推進力の 1 つであると言えます。

テクノロジーの悪影響

問題は、テクノロジーがすべて太陽の光と虹だけではなかったということです。テクノロジーは私たちの生活にも重大な悪影響を及ぼしています。身体的な病気から心理的な異常に至るまで、テクノロジーの暗黒面からのいくつかの影響を見てみましょう.

低い注意スパン

私たちは、コンピューターが私たちの考え方をより良い方向に変える方法をすでに見てきました。しかし、それらは私たちに重大な悪影響を及ぼしました。まず第一に、私たちが毎日処理しなければならない大量の情報により、注意力が低下しています。特定のトピックに長時間集中することはできなくなりました。これにより、私たちはせっかちになり、ある程度生意気になりました。

健康被害

テクノロジーによって医学が新たなフロンティアを開拓できるようになったのと同様に、テクノロジーはいくつかの現代病をもたらしました。不眠症、サイバーコンドリア、ノモフォビアは、技術への依存が望ましくない極端に進んだことの直接的な結果である現在の多くの病気のほんの一部です。これらは、タイムリーに治療しないと、危険な合併症につながる可能性がある深刻な状態です。

サイバー犯罪

これはおそらく、これまでで最も悪名高いテクノロジーの影響です。インターネットの台頭とコンピューティング テクノロジのユビキタスな性質により、新しい種類の犯罪者が生まれました。そして彼らは、自分たちの真新しい土台であるインターネットを手放す準備ができていません。

これらの犯罪者は、サイバースペースの暗い深みに隠れて、攻撃と撤退の瞬間を待っています。これにより、彼らはデジタル地形の惨劇になりました。また、破壊的なテクノロジーが日々前面に出てきているため、当局がこれらの犯罪者に遅れをとらないようにすることは困難です。サイバー犯罪は企業に年間数百万ドルの損害をもたらしますが、これは氷山の一角にすぎません。

結論

最後に、私たちがテクノロジーを形作ってきたのと同じくらい、あるいはそれ以上に、テクノロジーが人間の生活を形作ってきたと言っても過言ではありません。そして、トレンドがどうでもいいとすれば、私たちはまだ始まったばかりです。

AI、コンピューター ビジョン、予測分析の急速な進歩により、人間はデータ革命の最前線にいます。この革命は、私たちが現実を認識して対話する方法を大きく変える可能性があります。すでにある程度、私たちはテクノロジーと密接に絡み合っています。おそらく未来は、人間と機械のより文字通りの融合をもたらすでしょう。

さて、それが良い方向に向かうか悪い方向に向かうかは、時が経てばわかります。